郵便 転送

郵便物転送の手続き方法

最寄りの郵便局へ転居届(市区町村役場に提出するものとは別物)を出せば、旧住所宛の郵便物等を新住所に1年間無料で転送してくれます。

用紙は窓口でしかもらえないので、取りに行って下さい(ネットでの印刷には対応してません)。

※提出はどこの窓口でも構いませんが、旧住所の最寄り以外に出すと、手続きの処理に時間がかかります。

開始希望日を指定出来ますが、手続きの処理に1週間程度かかるので、即日から転送開始という訳にはいきません。なので1週間以上前に手続きしておくのをオススメします。

期間は届出日から1年間です(転送開始希望日からではないので注意)。再度手続をすれば、更に1年間更新することも可能。

窓口の他インターネットでもe転居から申し込めますが、本人確認の為にクレジットカードが必要になり(カード不正使用を防止する為セキュリティーコードも必要)、持ってない方は申込み出来ません。

郵便転送手続きに必要なもの(窓口でする場合)

個人の場合
転居届 1通 身分証 印鑑

会社・団体等の場合
転居届 1通

社員証や各種保険証等、窓口に行く人と会社・団体等の関係が分かるもの
※転居届の「届出人氏名印」欄には、代表者の氏名の記入および押印が必要

郵送で手続きする場合

転居届を記入して、切手を貼らずにポストへ入れます。

※旧住所の最寄りの郵便局以外に出すと、手続きの処理に時間がかかる
※配達の際、転居の事実の確認のため郵便配達員が訪問する場合あり

手続きをしても転送されないもの

「転送不要」と記載された郵便物等は、転居届を提出しても転送されません。その他ダイレクトメール等(郵便以外)も転送されないので、結構旧住所宛に送られ続けてます。

Copyright 転出届、転入届、転居届の必要書類と手続き 2013
無断転載、無断コピー等一切を禁止します